最新記事一覧

事業性融資の形態

女性

借入形態別の特徴

事業者ローンには様々な借入形態があり、借入形態ごとに特徴が異なります。事業者ローンの1つ目は、手形貸付という借入形態です。手形貸付は、主に1年以内の短期資金を調達する際に利用されるという特徴があります。例えば、会社で賞与の支払いを行う場合、資金を潤沢に保有する会社であれば賞与の支払いのような一時的に大きな支払いに対応できますが、手元資金に余裕がない会社では資金手当てをする必要があります。このようなケースで借入期間6か月、分割返済6回を返済条件としたの手形貸付により資金を調達することで、一時的に大きくなるキャッシュアウトを平準化することができ、会社の資金繰り安定化につながります。また、返済する財源を得るまでのつなぎの資金調達として利用されることもあります。事業者ローンの2つ目は証書貸付という借入形態です。証書貸付は、主に1年超の長期資金を調達する際に利用されるという特徴があります。証書貸付が利用されるケースとしては、会社で機械や自動車などの設備を導入する際の資金調達が挙げられます。個人で自動車を購入する際にマイカーローンを利用するのと同じ考え方で、一旦借入により大きな資金を調達し、分割返済とすることで資金繰りを安定化させる効果があります。その他の事業者ローンの借入形態としては、短期の資金調達手段として借入先で定められた一定の限度額の中で反復利用が可能な当座貸越や事業性カードローンなどがあり、長期の資金調達手段として私募債などがあります。